妊娠中に緑茶は避けるべきか

妊娠中には、一般的にアルコールやコーヒーなどのカフェインは摂取しない方が良いと言われています。

では、コーヒーと同じカフェインが含まれる緑茶も、妊娠中には飲まない方が良いのでしょうか?

本日は、こちらについてお話ししていきます。

 

目次:

    1. 妊娠中の飲酒とカフェイン摂取
    2. 緑茶のカフェイン含有量
    3. 妊娠中に緑茶を摂取する際の注意点
    4. 妊娠中の緑茶の利点
    5. まとめ

     

    ---------------

1. 妊娠中の飲酒とカフェイン摂取

冒頭でも触れたように、妊娠中の飲酒やカフェイン摂取については、胎児の発育と健康に潜在的な影響があるため、慎重に考える必要があります。

妊娠中に飲酒をすることは、世間一般的に考えると、すべきではないと多くの人が思うでしょう。

では、アルコールよりも日常的に飲む緑茶やコーヒーに含まれる"カフェイン"においては、妊婦の体にどのように影響するのでしょうか。

厚生労働省のガイドラインには以下のように記載されています。

 

妊婦がカフェインを摂り過ぎることにより、出生児が低体重となり、将来の健康リスクが高くなる可能性があるとし、以前は300mg を上限とすることが望ましいとしていましたが、新たな助言においては、妊娠した女性に対して一日当たりのカフェイン摂取量を200mg(コーヒーをマグカップで2杯程度)、に制限するよう求めています。

(引用:厚生労働省HPより)

カフェインを一切摂取してはいけないという訳ではなく、200mg(コーヒーをマグカップで2杯程度)を目安に摂取することは、妊婦にとって影響は無いようです。

では、カフェイン200mgを緑茶に置き換えるとどのくらい飲用できるのでしょうか。

 

⚪︎白井製茶おすすめの低カフェイン商品⚪︎

浅煎り棒ほうじ茶「琥珀」ティーバッグ

赤ちゃん番茶(250g)

二段焙煎ほうじ茶(200g/400g)

 

 

2. 緑茶のカフェイン含有量

前述のとおり、緑茶にはカフェインが含まれていますが、一般的にはコーヒーよりも含有量は少ないです。

緑茶のカフェイン含有量は、茶葉の種類や抽出方法によって異なりますが、おおよその一般的な目安は次の通りです。

  • 通常の一杯の緑茶(約240ml)に含まれるカフェイン量は約30-50ミリグラムです。
  • カフェイン量は茶葉の種類によっても異なり、茶葉が新鮮で若いほど、カフェインの含有量が高い傾向があります。

マグカップ一杯のコーヒーに約100mgのカフェインが含まれているので、緑茶はその約1/2以下のカフェイン含有量になります。

ただし、上記にもあるように茶葉が新鮮で若いほどカフェインは多く含まれています。

分かりやすくいうと、お店で売られている高価格のお茶ほどカフェイン含有量が高い傾向にあります。

玉露などが良い例ですね。

旨みが強く、一般的に高級茶と言われる玉露には、煎茶の約8倍のカフェインが含まれています。

反対に、比較的お手頃な価格の番茶などはカフェイン含有量が低い傾向にあります。

 

3. 妊娠中に緑茶を飲む際の注意点

緑茶は日常生活に深く関わりがあるもの。

妊娠中とはいえ、普段と同じように飲みたい!という方も多いと思います。

では、摂取する際にどのような点に注意すれば良いのでしょうか。

 

  • カフェインの摂りすぎ: 上述の通り、妊娠中の一日のカフェイン摂取量の目安は200mg以下です。含有量の多い玉露や高級煎茶は避け、番茶や玄米茶等を意識的に選ぶと良いでしょう。カフェインは妊娠初期に特に胎児の発育に影響を及ぼす可能性が高いため、摂取を最小限にすることが重要です。

  • カフェインレス緑茶を選ぶ: 技術の進歩により、世の中にはカフェインレス緑茶(デカフェ緑茶)が存在します。味も大きく損なうことなく、緑茶本来の風味も楽しめるため、選択肢の一つにすると良いでしょう。 

 

⚪︎白井製茶おすすめの低カフェイン商品⚪︎

・浅煎り棒ほうじ茶「琥珀」ティーバッグ

https://onl.bz/wcxM9kA

・赤ちゃん番茶(250g)

https://onl.bz/2FYRsaP

・二段焙煎ほうじ茶(200g/400g)

https://onl.bz/rnkPHd9

 

4. 妊娠中に緑茶を飲む利点

妊婦にとってカフェインの過剰摂取は避けなければなりませんが、摂取量に気をつけながら緑茶を飲むことで、妊婦の体にとって良いことも多くあります。

  • 抗酸化作用: 緑茶には抗酸化物質(カテキンと呼ばれるポリフェノール)が豊富に含まれています。これらの抗酸化物質は体内の酸化ストレスを軽減し、細胞へのダメージを防ぐのに役立ちます。

  • リラックス効果: 緑茶にはアミノ酸であるテアニンも含まれており、リラックスやストレス軽減に寄与します。妊娠中はストレスコントロールが大切であるため、カフェインが制限された状況で緑茶を摂取することは、リラックスに役立つかもしれません。

  • 抗炎症効果: カテキンには抗炎症作用があるとされており、炎症性疾患のリスクを軽減すると言われています。

  • 血糖管理: 緑茶には血糖値の安定化に寄与する成分も含まれています。これは妊娠糖尿病などの病気の予防に効果があると言えそうです。

5. まとめ

いかがでしたでしょうか。

妊娠中は緑茶も飲めないのか...と心配していた方も、適切なお茶の選択と摂取量を守れば、病気の予防やリラックス効果など、多くのメリットがあることが分かりました。

心配な方は医師の方と相談し、それぞれに合った緑茶の飲用をしてくださいね。

 

「読みもの」一覧ページはこちら

https://x.gd/Y77SR 

-------------

⚪︎白井製茶おすすめの低カフェイン商品⚪︎

・浅煎り棒ほうじ茶「琥珀」ティーバッグ

https://onl.bz/wcxM9kA

・赤ちゃん番茶(250g)

https://onl.bz/2FYRsaP

・二段焙煎ほうじ茶(200g/400g)

https://onl.bz/rnkPHd9