美濃いび茶へのこだわり

白井製茶は、江戸・天保年間創業の老舗茶問屋として、美濃いび茶産地の看板を背負っていると考えています。
美濃いび茶ならではの味わい深く力強い味は、私たちが求める味の基盤であり、地元の誇りです。
長年いび茶農家と一緒に作り上げてきた味を守り続け、今よりもたくさんの人にファンになってもらうため、私たちは美濃いび茶の発展に寄与していきます。

美濃いび茶とは

お茶の名産地と聞いたら静岡、京都、鹿児島といった
大産地を思い浮かべる方が多いと思います。
しかし、ここ岐阜でも古くは室町時代からお茶を作り、
江戸時代には幕府にお茶を献上していた記録があります。
それは「美濃茶」と呼ばれ、西濃地域で作られる「美濃いび茶」と中濃・東濃地域で作られる「美濃白川茶」に分けられます。

白井製茶がある垂井町を含む近隣の美濃いび茶産地は、
西に名峰伊吹山を有し、
一年中伊吹おろしと呼ばれる強風が吹く地域です。
その風が冬場に付きやすい霜を防ぎ、
寒暖差のある気候も相まって、
まろやかで独特の深い味わい、
香り高さが特徴の高品質なお茶が作られます。

「仕入れの目利き」

年間1000以上のお茶見本が全国の茶産地から届き、
その中から当社が求める品質のお茶を探します。
また新茶の時期には、美濃茶以外にも
県外の主要茶産地に直接買い付けに行きます。

「仕上技術、火入れ技術」

茶の香りを最大限に引き出すために、
どの機械にどれくらいのスピードでお茶を入れるかの
細かい計算と、 お茶ごとの最適な乾燥方法の試行錯誤を重ね、
お茶の色を落とさず、ふわっと香るお茶に仕上げています。

「衛生面、品質管理の徹底」

ティーバッグ工場は異物混入や不良品の発生を防止するため、
外部業者の入室を管理や制限をしています。
また、製造ラインには異物検知機や金属探知機を導入し
2020年に品質管理が岐阜県に認められ
「岐阜県HACCP」を取得しました。

「常にお茶の新しい楽しみ方を追求する」

昔から馴染みのあるお茶が
なぜ飲まれなくなってきているのか。
もっとわくわくするようなお茶のあり方はないのかと、
常に考え、美濃いび茶とハーブを合わせた無着色無香料の
緑茶フレーバーティなどのアイデアを形にし発信しています。

CONTACT

お問い合わせ

用途ごとに最適なお茶を、店頭でもお求めいただけます。
お気軽にお問い合わせください。

TEL:0584-22-0720FAX:0584-22-0788

所在地 : 〒503-2114 岐阜県不破郡垂井町府中2438
営業時間 : 8:00〜17:00 定休日:土曜・日曜・祝日