メインイメージ

岐阜県西濃地方で生産される美濃いび茶

岐阜県で生産される「美濃茶」は、西濃地域でつくられる「美濃いび茶」と中東濃地域でつくられる「美濃白川茶」の二大銘柄としての生産が行われています。

西濃地方で生産される美濃いび茶は、まろやかで独特の深い味わい、香り高いお茶として全国各地で親しまれています。

美濃いび茶の畑 美濃いび茶の畑

山のふもとの緩やかな斜面に広がるお茶畑。

生産の大規模化も進んでいます。

伊吹山から毎日のように吹きおろす風が、(通称伊吹おろし)茶葉に付着する霜を防ぎ、また内陸部の土地で海の潮風など塩分に影響されない岐阜県美濃地方のお茶は、安定した品質と生産量が特徴です。

産地・生産地

美濃いび茶の畑

美濃いび茶の産地は主に以下の地域です。

  • 岐阜県揖斐川町
  • 岐阜県池田町
  • 岐阜県垂井町
  • 岐阜県不破郡(旧上石津町)

美濃いび茶の歴史

美濃いび茶の歴史

古くは室町時代の池田町の茶園の記録が残っており、江戸時代に幕府御用番茶となったことにより「美濃茶」が誕生したといわれています。

また、開国から明治初頭にかけて輸出産物として生産面積、生産量ともに増大し、「美濃いび茶」の名は広く知られるようになりました。

その後、製茶機械の導入を比較的早期に行い、現在に至っています。