難しい作法はなし。お茶の入れ方を紹介します。

お茶をよりおいしく楽しんでいただくために。

お茶をより多くの方に、おいしくのんでいただくために基本的な淹れ方を紹介します。

道具を準備する。

仕上げ加工ライン
  • 湯のみ(人数分)
  • 急須(きゅうす)
  • 茶托(ちゃたく)
  • 湯ざまし
  • 時間の測れるもの。
  • ティースプーン

お茶を飲むために必要な道具を準備します。準備する間にお湯も沸かしておきましょう。

急須にお茶を入れる。

パッキングする設備 真空パックや窒素充填

急須にお茶を入れます。
写真は3人分の場合で3杯。
(上写真)玉露:(一人分)ティースプーンに多め一杯

(上写真)煎茶:(一人分)ティースプーンに一杯
ほうじ茶:(一人分)大さじ一杯
※濃さのお好みで分量を調節してください。

湯ざましをつくる。

真空パックや窒素充填

沸かしたお湯(ポットなど)から湯ざましへお湯を注ぎます。
湯ざましから湯飲みへお湯をそそぎ、人数分を用意します。
玉露:約60度
煎茶:約70度
ほうじ茶:約90度(※湯ざましを使わずポットから直接お湯を注いでください。)
が、ちょうどよい温度の目安です。

急須にお湯を注いで、じっくり待つ。

真空パックや窒素充填 真空パックや窒素充填

湯飲みに注いだお湯を、急須に注ぎます。
湯飲みが温まり、注いだ湯飲みの数と同じお茶が出来上がるというわけです。

急須にお湯を注いだら、ふたをして待ちます。
玉露:約2分30秒~3分
煎茶:約1分
ほうじ茶:約30秒

少しずつ、均等に注ぐ。

真空パックや窒素充填 真空パックや窒素充填

人数分の湯飲みに、濃さが一定になるように少しづつ均等に注ぎます。急須に湯を残さず、最後まで注ぎきります。

さあ。出来上がりです。
お茶は、ちょうどよい温度になっていると思います。
※写真は玉露